日本の食品市場を中心に食品や食品関連技術を専門としたアドバイザリーコンサルタント 久保村 喜代子

 
クボムラーナ

Kubomura Food Advisory Consultants Japan Food Innovation 久保村食文化研究所

  • Facebook
  • RSS
  • 日本語
  • English
  • ホーム
  • 最新情報
  • サービス
  • 企業情報
  • 論文・出版物
  • ブログ

最新情報

2020年01月01日
謹賀新年

澄み切った冬の空、心まで清々しくブルースカイ。

歳月の経つはやさよりも新しきものを創り出す興味もスピード感増しています。
昨年も元気で海外に2ヶ月ほどUS/欧州とスターアライアンス航空券の便利さを体験しつつ、定点観測続けてます。今年も新製品開発まっしぐら。。。そして新しい人々との出逢いを信じてやまない年頃になりました。

 

お陰様にて小さなキャッスル・ゴミダメオフィス、日本でたった一つのフードシンクタンクは、今春にて28年目を迎える事が叶いますから、光栄な事であります。専業主婦からの歳月を思い出し、海外へ仕事に飛び出していって33年目?!
日本の食品産業で処方開発に組み入れられる新しい原材料素材・添加物動向をグローバルに追い求め、フードサイエンスを学び続けています。

 

老婆になってもお仕事続投中!
世界の食品産業とその歴史、それは凡そ30周年サイクルであろう本物フードサイエンスの変遷と共に製品開発動向が理解適います。
ここ数年でもっとも熱い何か?私の専門Savory Flavour &Food Flavouring &seasoning …植物由来肉、代替え用なんとか?新しいエスニック

 

フレーバー?
Savory は美味、医食同源の時代到来!
分子生物学創始者の一人Salvatore E. Luria 博士曰く、本質的には、食物はペトリ皿に入れた人間の想像したロマンティックなスープ!食べ物は、生化学的分子のセットで構成されている。
巧みに組み合わせて(クッキング操作)すると

美味しさのベクトル!
Sensory Experience !
Flavour Magic !

一方ではその先、新製品開発の未来は?となりますと消費者向けのメディアやIT革命によります瞬時に伝わってくる情報をいかにキャッチして製品開発に活用してヒット祈願がメイン!

 

その昔、加工食品、フードサイエンス、それが知りたい!独りアメリカ軍食品研究所へ訪問した時の衝撃を忘れずに努力を続けたいが願いの源。

日本橋近くへお見えの際は、食べ物談義・美味礼賛!

Beautiful Taste ! 是非ともゴミダメオフィスへお立ち寄りくださいませ。

今年も変わらぬご指導・ご鞭撻のほどをお願い申しあげます。

 

久保村喜代子

 

謹賀新年2020(PDF)

最新情報

お問い合わせ

お問い合わせは下記より
ご連絡ください

  • 03-5640-0241
  • 03-5640-0242

  • facebook
  • 迷った時の教のおかず
  • Berryfruit New Zealand
  • 久保村食文化研究所 紹介映像
ページの先頭へ